読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芋けんぴ農場

自称芋けんぴソムリエが徒然なるままに感想や日々の雑感を記します。頭の整理と長い文章を書く練習です。

Kiss me / Sixpene None The Richer

珍しく音楽の紹介です。

まずはこの曲を知らない人は下の動画を見て欲しい。昔CMで使われていたので聞き覚えのある人も多いはず。


Sixpence None The Richer - Kiss Me (Official HQ ...

この曲の何が素晴らしいって、歌詞がとにかく美しいんです。

自分の浅学のせいもあるけれども、今まで美しい歌詞だなあと思う曲にあまりであったことがない。特に、英語は日本語に比べて余白が少ないというか、直接的に輪郭を定めるように描写することが多いなあと感じるからか、洋楽で良い歌詞だなあと思うことは確率的に低い。

だからね、この曲の歌詞をちゃんと聞いたときは衝撃だった!

Kiss me out of the bearded barley
Nightly, beside the green, green grass

最初からこの調子だからね!!

なんて詩的で奥行があって空気感がある文章なんだろうと思った。素朴なメロディとあいまって、一瞬で満月に照らされた麦畑にトリップする。

 

しかも更に素晴らしいと思ったのが、この曲の日本語バージョン。


Kiss Me Sixpence None The Richer Japanese ...

日本語訳って失敗例しか知らないぞなんでこんなことをしてしまうんだ、と恐る恐る聞いてみたらあら素敵!こんなに原曲の空気感そのままにした日本語をつけられるのか、と思って鳥肌が立った。こんな陳腐な言葉でしか表現できないのが申し訳ない。

洋楽が日本でリリースされる時に、タイトルや副題のような形で変な日本語が当てられたり、歌詞カードの和訳がなんか違和感のある感じになっていることがある。あれが私はすごく嫌いなのだけど、この曲に関しては杞憂だった!

むしろ、原曲では、"Swing the spinning step" (ダンスでくるくる回りながら揺れている感じ)となっている部分に当てられた日本語が "二人 羽をひろげ"となっていて、日本語ver.によって歌中の主人公が人ではなかったことが明らかになったのが驚きだった。

曲の最後で "We'll take the trail marked on your father's map"、日本語ver.だと "あなたのパパの夢へ" ってあるから、これはもしかしたら人生を添い遂げようと決めた二人(二匹の何か?)が共に冒険に出る前の一幕かもしれないね。

 

本当にね、美しいよ。こんなに洋楽の歌詞が美しいと思ったのはoasisのwonderwall以来だ。